特急「雷鳥」「スーパー雷鳥」「サンダーバード」

雷鳥 特急

eきっぷ 「eきっぷ」、「eきっぷ(乗継用)」、「e早得」はJR西日本のインターネット予約サイト「」で発売されている指定席特急券です。 107• 従来、北陸地方の都市間の連絡列車としては「 」など - 大阪駅間の列車や、「 」など直通列車が担っていた。 代わりにパノラマグリーン車が国鉄色となり復帰し、現在は国鉄特急色のみで大阪~金沢で運用されているが(多客期には489系ボンネット型を使用した「ふるさと雷鳥」が大阪~新潟で運転)、2009(平成21)年10月改正で683系4000番台が特急「サンダーバード」で運用を開始し、雷鳥は5往復に減便された。

1

485系特急「雷鳥」(1ページ)|車両|トレたび

雷鳥 特急

「きたぐに」の名称を「 」(えちご)に変更する。

5

北越 (列車)

雷鳥 特急

営業列車における電車と気動車の併結は、この当時非常に珍しかったが、併結区間の大阪〜金沢間は協調運転ではなく、「ゆぅトピア和倉」が「雷鳥」に牽引されるスタイルだった。 (平成3年):福井駅 - 長岡駅間の「かがやき」が1往復増発され、5往復になる。

15

485系・489系特急「雷鳥」「スーパー雷鳥」」

雷鳥 特急

。 (平成15年)• (昭和42年)• (写真:東海道本線 山崎駅/撮影:haru様 禁転載) 485系のイメージを大きく変えたパノラマグリーン車連結の「スーパー雷鳥」。

2

特急雷鳥(1)

雷鳥 特急

特急の運行の始まりは、1964年(昭和39年)の北陸線金沢~富山間の電化に合わせて、特急「雷鳥」が運行したことです。 これはにおいて新型車両が増備されることになり、「 びわこライナー」についても車両が置き換えることになったためです。 列車名は公募によって決定された。

11

北越 (列車)

雷鳥 特急

クリックしていただいたら画像に行きます。

485系、伝統特急“雷鳥”

雷鳥 特急

近畿と北陸を結ぶ主力列車だ。 プレスリリース , 西日本旅客鉄道, 2002年5月17日 , の2002年6月6日時点におけるアーカイブ。 現在はNODOKAになった、前身のシルフィード。

9

北越 (列車)

雷鳥 特急

, 2014年8月27日閲覧。 10 特急 雷鳥 『雷鳥』は昭和39年(1964)12月25日、大阪-富山間を結ぶ特別急行として誕生した生粋の特急列車です。

5

【空中庭園】特別急行

雷鳥 特急

北陸と新潟間には一定の流動があり、系統分離後も北陸地区で特急同士の乗り継ぎも可能な「新潟往復きっぷ」が発売されていた が、北陸新幹線金沢開業に伴い廃止され、新幹線利用を前提とした「新潟自由席往復きっぷ」(JR西日本) ・「しらゆき・北陸往復きっぷ」(JR東日本) に変更されている。 (平成22年)• 「ゆのくに」「加賀」「つるぎ」が急行列車化。 昭和53(1978)年10月2日改正では、急行の格上げや大阪〜新潟間の「北越」を編入したことから16往復を数えるようになり、数の上では東日本の「ひばり」「とき」を超える日本一のエル特急として君臨するようになる。