About: ザンドマイヤー反応

マイヤー 反応 ザンド

これまで開発された��多くの変法では、銅 II 、鉄 III 、およびコバルト III を含む他の遷移金属塩も用いられてきた。 代わりに、ザンドマイヤーが単離した主生成物は塩化フェニルだった。 最も一般的に使われるザンドマイヤー反応は、塩素化、臭素化、シアノ化、およびヒドロキシ化反応である。

3

Vilsmeier試薬はホルミル化・アシル化・塩素化に使える脱水剤

マイヤー 反応 ザンド

現代では、ジアゾニウム塩の調製と銅 I 塩触媒存在下での続く求核剤による置換によって芳香族アミノ基を置換するための全ての方法をザンドマイヤー反応と呼ぶ(銅塩が低価格であるため、触媒量で反応が進行する時でさえも、よい反応性を求めるために化学量論量がしばしば用いられる)。 基本文献• ジアゾニウムイオンをテトラフルオロホウ酸で処理するとフッ化物が得られ、ヨウ化カリウムで処理するとヨウ化物を与える。 反応例 CuCNを作用させると、対応するシアノ誘導体が得られる。

19

ザンドマイヤー反応におけるクロロベンゼンの合成について

マイヤー 反応 ザンド

その上での議論として、質問文で書かれた内容はおおむね妥当であると思います。

【ザンドマイヤー(Sandmeyer)反応】芳香族ジアゾニウム塩とハロゲン化物イオンの置換反応

マイヤー 反応 ザンド

Contents• 具体的には 1 亜硝酸イオンの脱水に伴うニトロソニウムイオンの生成, 2 アミノ基とニトロソニウムイオンによる脱水縮合である。 これらのガス(全てかどうかは忘れましたが)は黄色い色をしています。

11

ザンドマイヤー反応 Sandmeyer Reaction

マイヤー 反応 ザンド

反応条件と反応機構 [ ] は通常と酸から で調製される。

4

ザンドマイヤー反応におけるクロロベンゼンの合成について

マイヤー 反応 ザンド

この反応は アゾカップリングとも呼ばれる。

ザンドマイヤー反応

マイヤー 反応 ザンド

広義には、ジアゾニウム化合物を経由する各種合成反応も含む。 次亜リン酸と処理すると、ジアゾニウム塩を水素に変換できる。

13