日本液炭、重要人事(2019年6月17日付)

炭酸 瓦斯 日本

Capty Livelic(キャプティライブリック)(東京瓦斯代理店[Enesta](エネスタ)業務、瓦斯設備工程業務)• 1982(昭和57年) 小型酸素吸入器を開発し、製造販売開始。 日本、イギリス、ドイツ、フランスで特許取得。

3

日本液炭

炭酸 瓦斯 日本

東京瓦斯LPG Terminal(東京ガスLPGターミナル)(進出及油罐車業務)• 高圧ガス保安協会(KHK)小型高圧ガス容器製造認定工場となる。 1963年 (昭和38年) 10月 日本で初めて酸化エチレンを薬剤として、液化炭酸ガスを希釈剤に使用する殺菌ガスの開発に成功。

1

日本炭酸瓦斯株式会社 本社

炭酸 瓦斯 日本

(昭和53年)10月 - ほくさん社(現社)、三井東圧化学社(現社)と共同して共同炭酸社を設立。 Capty Tech(キャプティテック)(瓦斯設備工程的技術技能傳承)• ( 日語 : )• みなさまの地域社会に密着し、より快適で豊かな暮らしに貢献することを目指して実績を積み重ねてきましたLPガス。

17

日本炭酸瓦斯株式会社 本社

炭酸 瓦斯 日本

( 日語 : )(地方都市瓦斯公司)• (昭和38年)2月 - 液化炭酸ガスの販売を開始。

上毛天然瓦斯工業株式会社【会社概要】

炭酸 瓦斯 日本

溶接・鋳造・食品などの需要先に安定供給を誇る液化炭酸ガス。 ( 日語 : )(冷凍倉庫經營)• 7月 サーン日炭社を清算。

17

沿革|会社案内|日本炭酸瓦斯株式会社

炭酸 瓦斯 日本

Capty Customer Service(キャプティカスタマーサービス)(瓦斯設備安全點檢、抄表、收款業務)• 東京足球俱樂部(經營者)• 1974(昭和49年) 医薬品製造の許可工場となり、医療用酸素ガスカートリッジの製造販売開始。

12

沿革|会社案内|日本炭酸瓦斯株式会社

炭酸 瓦斯 日本

STORY of the smart energy revolution• 旧・日本炭酸株式会社• 昭和運輸(甲府市為中心的液化石油氣配送)• 株式会社ステリテック• ( 日語 : )(がすてなーに):東京都• (昭和54年)10月 - 近畿冷熱社(後のリキッドガス社、現大阪ガスリキッド社)、製鉄化学工業社(現社)、昭和炭酸社(現社)と共同して近畿液炭社を設立。 まだ良くできるところはないか。

1