本格デビューまであと1年。14年の歳月をかけて開発された福島県新ブランド米「福、笑い」プレデビューイベント事後リリース

笑い 米 福

今年11月より展開が始まった「福、笑い」 「福、笑い」は、11月10日から福島県内や首都圏の百貨店、お米マイスターのいる米専門店などで令和2年産「福、笑い」の限定先行販売や店頭でのフェアの実施、 さらに飲食店とタイアップして、メニューの一環として「福、笑い」を提供する企画も予定しています。 寺澤さんは「草丈が短く、倒れにくい。 当日は福島県の内堀雅雄知事より「福、笑い」の開発ストーリーやデザイン、ネーミングを始めとした商品紹介や美味しい炊き方をまとめたブランドムービーの初披露、さらにご来場いただいた関係者やメディアの方には炊きあがりのお米の美味しさをご堪能いただきました。

3

「甘みが強い」 新ブランド米「福、笑い」南相馬で試食:朝日新聞デジタル

笑い 米 福

どこにあっても「福、笑い」とはっきり認識できて、あたたかい気持ちになれるデザインです。 どうぞ、お召し上がりください!」という掛け声をきっかけに、両会場で一斉に試食が始まりました。

8

福島県産新ブランド米「40号」 名称「福、笑い」に決定

笑い 米 福

nui-aspect-container--16-9 img,. また、ブランドムービーが終わると、福島会場、東京会場で息を合わせて、炊きたての「福、笑い」が入った土鍋をオープンしました。

本格デビューまであと1年。14年の歳月をかけて開発された福島県新ブランド米「福、笑い」プレデビューイベント事後リリース

笑い 米 福

アンテナショップ「日本橋ふくしま館 MIDETTE」や、インターネット通販でも取り扱う。 これまで「コシヒカリ」「ひとめぼれ」「天のつぶ」「里山のつぶ」などの米を生産し、米どころとして全国から高い評価を受けてきた福島県において、さらなる評価、新しいおいしさを、という高いハードルを設けただけあって、開発には時間がかかった。

8

「甘みが強い」 新ブランド米「福、笑い」南相馬で試食:朝日新聞デジタル

笑い 米 福

「ふくしまプライド。 ブランドムービーでは、 パッケージデザインの絵柄が動き出し、深みのある辻萬長(つじ かずなが)氏のナレーションが重なって、あたたかくてなつかしい「福、笑い」の世界観が表現されていました。

13

本格デビューまであと1年。14年の歳月をかけて開発された福島県新ブランド米「福、笑い」プレデビューイベント事後リリース

笑い 米 福

」といったコメントや「思わず笑顔が溢れる美味しいお米です。 東京会場の参加者からは「香りが広がり、ほどよい甘みでしっとりしている。 5s linear infinite;-moz-animation:spin 1. ブランドムービーでは、 パッケージデザインの絵柄が動き出し、深みのある辻萬長(つじ かずなが)氏のナレーションが重なって、あたたかくてなつかしい「福、笑い」の世界観が表現されていました。

4

「福、笑い」とは /「福、笑い」福島県のお米

笑い 米 福

この動画は、令和3年に本格デビューする福島県の新ブランド米「福、笑い」をお伝えするものです。 非常にバランスのとれたお米ですごく美味しい。 2019年9月~10月にかけて一般公募を行い、県内外の皆さまからご応募いただいた6,234点の名称案について、福島県クリエイティブ・ディレクター箭内道彦さんをはじめ、お米マイスター、料理人、流通関係者など、各分野の第一線でご活躍されている方々にご意見やご提案をいただきながら「福、笑い」という名称が決定しました。

6

本格デビューまであと1年。14年の歳月をかけて開発された福島県新ブランド米「福、笑い」プレデビューイベント事後リリース:時事ドットコム

笑い 米 福

nui-icon--ise-rc-dow-aircraft,. 自分も田園地帯で育ち、 農家の友人の手伝いなどをしながら 幼少期を過ごしました。 まだまだスタートしたばかりの「福、笑い」だが、そのおいしさを武器に、福島県産米のさらなるイメージアップの牽引役として、そして新たな県の魅力創出の起爆剤として、期待は膨らむばかりである。