兼好法師『徒然草』「家居のつきづきしく」現代語訳&助動詞まとめ!

分解 家居 しく 品詞 づき の つき

この世は、いつ死ぬかわからないから面白いのだ。

『徒然草』現代語訳(口語訳)と解説|兼好のユーモアと教訓

分解 家居 しく 品詞 づき の つき

いらっしゃる、おられる、あおりになる。 「か(名詞)/の(格助詞)」と品詞分解する られ=自発の助動詞「らる」の連用形、接続は未然形。

17

徒然草 現代語訳つき朗読|第十段 家居のつきづきしく、あらまほしきこそ

分解 家居 しく 品詞 づき の つき

又、時のまの烟ともなりなんとぞ、うち見るより思はるる。

3

古典の宿題なんですけど……徒然草の「家居のつきづきしく」という話にでてくる助...

分解 家居 しく 品詞 づき の つき

敬語を使った作者からの敬意。 父は「それもまた、先輩の仏の教えによってなったのだ」と答えた。

5

兼好法師『徒然草』「家居のつきづきしく」現代語訳&助動詞まとめ!

分解 家居 しく 品詞 づき の つき

作者からの敬意。

12

徒然草 現代語訳つき朗読|第十段 家居のつきづきしく、あらまほしきこそ

分解 家居 しく 品詞 づき の つき

この獅子の立ち方、とても珍しい。

14

兼好法師『徒然草』「家居のつきづきしく」現代語訳&助動詞まとめ!

分解 家居 しく 品詞 づき の つき

徳大寺にも、いかなる故か侍り【けん】(過去推量「けむ」連体形/係結び)。 過去推量の助動詞「けむ(ん)連体形(「か」結び)。

15

兼好法師『徒然草』「家居のつきづきしく」現代語訳&助動詞まとめ!

分解 家居 しく 品詞 づき の つき

由緒あるものだと思っていた獅子の立ち方が、小僧たちのいたずらにすぎなかったから。 動作の主体である綾小路宮を敬っている。

19