アレセンサ(アレクチニブ)の作用機序【ALK陽性の肺がん・ALCL】

センサ カプセル アレ

単回投与時は、食後投与でAUCとCmaxはともに、絶食下投与のおよそ1. このため、妊娠可能な女性は、治療中に妊娠しないように適切な方法で避妊してください。 (授乳婦) 治療上の有益性及び母乳栄養の有益性を考慮し、授乳の継続又は中止を検討すること(ヒト母乳中への移行については不明である)。 それにも関わらず、現在でもがんは治療の難しい病気です。

8

アレセンサ(アレクチニブ)の作用機序【ALK陽性の肺がん・ALCL】

センサ カプセル アレ

ALK融合タンパクは細胞増殖に関わるため、無秩序な細胞増殖が助長されます。 3. 好中球減少、白血球減少等があらわれることがあるので、本剤投与中は定期的に血液検査(血球数算定、白血球分画等)を行い、患者の状態を十分に観察すること〔11. また、検査で肝機能値の悪化や血液の異常が見つかることがあります。

4

医療用医薬品 : アレセンサ (アレセンサカプセル150mg)

センサ カプセル アレ

がん細胞の増殖過程における指令系統を分子レベルでブロックします。

3

アレセンサ(アレクチニブ)の作用機序:抗がん剤

センサ カプセル アレ

非小細胞肺がんのうちALK融合遺伝子陽性タイプに相当の効果が期待できることから、手術が困難なALK融合遺伝子陽性の非小細胞肺がんの治療に使います。 3. 〈再発又は難治性のALK融合遺伝子陽性の未分化大細胞リンパ腫〉十分な経験を有する病理医又は検査施設における検査により、ALK融合遺伝子陽性が確認された患者に投与すること。

14

アレセンサカプセル150mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

センサ カプセル アレ

製造販売 中外製薬(株) 効能・効果 〇ALK融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺がん 〇再発又は難治性のALK融合遺伝子陽性の未分化大細胞リンパ腫 用法・用量 アレセンサは既に20mgと40mg製剤が2014年に承認・販売されていましたが、服用錠剤数が多く、利便性が悪いといった問題点がありました。 ALK:未分化リンパ腫キナーゼ• Tリンパ球(T細胞)の表面にあるCD30という分子が陽性であればまず未分化大細胞リンパ腫と診断され、さらにALK蛋白が発現していればALK陽性未分化大細胞リンパ腫と確定診断されます。

3

アレセンサ:2番目のALK阻害肺癌治療薬:日経メディカル

センサ カプセル アレ

【臨床試験-2】 「無増悪生存期間」を主要評価項目とする、同類薬クリゾチニブ(ザーコリ)との比較試験(JO28928)がおこなわれています。

アレクチニブ:アレセンサ

センサ カプセル アレ

低出生体重児 0日〜27日• 2. 肝機能障害があらわれることがあるので、本剤投与中は定期的に肝機能検査を行い、患者の状態を十分に観察すること〔9. 7.1参照〕[本剤の血漿中濃度が低下し本剤の有効性が減弱するおそれがあることから、CYP3A誘導作用のない又は弱い薬剤への代替を考慮すること(本剤の代謝には主にCYP3A4が関与しているため、CYP3A誘導剤との併用により、本剤の代謝が亢進し血漿中濃度が低下する可能性がある)]。 会社名をクリックすると、各社のニュースリリースに飛びます。 また、細かくは4つ病型に分類されています。

11