会社概要・沿革 : 会社案内 : 広島日野自動車株式会社

日野 自動車 広島

工販合併により日野自動車と改称。 並行してTGE-A型トラックの自主開発を開始。

企業情報

日野 自動車 広島

のレンジャーフルモデルチェンジの際には、トラックのイメージ一新を狙い、を起用した。 時には海外からの大量受注などにより業績を伸ばし、用国産エンジン「」なども生産している。

19

会社案内|フェニックス工業株式会社

日野 自動車 広島

スカニアのトラクターヘッドを日野ブランドで販売開始。 以降はが同CMに起用されており、「」の影響があってかで比較的多く(1日中)流れていた。

2

日野自動車

日野 自動車 広島

ディーゼルエンジン技術を生かして当時としては異例の超大型トラック・を開発、次いで以降は通常シャーシ()の大型ディーゼルトラック・バスの生産も開始して、母体企業のいすゞと競合する大型車両業界の有力メーカーとなった。 モデルチェンジ時に制作され、(初代)のCMはバブル期の1990年ということもあり、大々的な宣伝活動を行っていた。 なお1999~2002年のダカールでは、ラリーの最後尾を走り選手の安全を確保するスイパートラックとしてプロフィアが採用されていた。

11

広島日野自動車 サービススタッフ 入社6年

日野 自動車 広島

愛知日野自動車(名古屋・港・半田・豊橋・岡崎・豊田・小牧・一宮)• ・ - 前者はトラック、後者はバスにおける主要ユーザー。 2000年代にの強豪チームであるとシップ契約を締結していたこともある。

17

日野自動車

日野 自動車 広島

清掃事業部(現クリーン事業部)新設 2005年5月1日 車輌機器事業部新設 2005年6月1日 広島市安佐南区西風新都地区に自社新工場を完成・移転 2006年4月1日 製造管理・在庫管理・財務管理システム稼動 2007年8月10日 広島市安佐南区西風新都地区に倉庫棟新築完成 2008年6月30日 本社工場敷地内にバス専用工場新築完成 2008年7月28日 バス専用工場自動車分解整備事業認証を取得 2010年1月22日 宅地建物取引業者免許を取得 2015年4月1日 教育事業部 を開設 2015年8月 第二工場取得 2015年10月 本社工場敷地内に塗装工場建屋完成 2016年4月 分社化により100%子会社 フェニックス不動産株式会社を設立 第二工場 本格的に稼働開始 2016年4月17日 創立30周年記念式典 挙行 2017年3月 教育事業部 『ピアルーム海田』 を開設 (現在休止中) 2017年8月 をグループ会社化 2017年12月 基幹システム(販売管理・製造管理・在庫管理)を更新、運用開始 2018年5月10日 代表取締役会長に上野孝史、取締役社長に野端清 がそれぞれ就任 2018年6月 第二工場敷地内に新塗装工場、及びトラックスケールを建設・完成 2019年5月11日 取締役会長に松井勇二 が就任 2020年5月8日 代表取締役社長に上野孝弘 が就任• (2代目HX系、小型路線)• 地名が社名の由来となった• 日野ヂーゼル工業と改称。

3

会社案内|フェニックス工業株式会社

日野 自動車 広島

それまでの「翼マーク」に変わって「Hマーク」が登場。 日野ハーモニー• 本社・上尾工場()• モータースポーツ [ ] HINO Team SUGAWARAのマシン(2018年) 1960年代の乗用車を開発していた頃は、「日野プロト」「日野GTP」などと呼ばれるを開発してレースに参戦していた。