海洋研究開発機構による海洋プラスチック調査に協力 ~日本からパラオに向かうヨットレースをフィールドに~

ヨット レース パラオ

乗船研究者からのメッセージ 2017年、国連は初めて海洋の保全をテーマに会議を開きました。 このままいけば、明日朝までに5艇フィニッシュしそうです。

9

海洋研究開発機構による海洋プラスチック調査に協力 ~日本からパラオに向かうヨットレースをフィールドに~

ヨット レース パラオ

われわれは海によって隔たれず、つながっていると再認識することができました。 〈1122トレッキー〉223マイル。

海洋研究開発機構による海洋プラスチック調査に協力 ~日本からパラオに向かうヨットレースをフィールドに~

ヨット レース パラオ

私たちは、このプロジェクトの成功により、さらに多くの民間船舶や市民の皆さんが、海洋プラスチックの観測に参加し、科学的に信頼性の高いデータの生産に貢献してくださることを望みます。 そこで期待されるのは、タンカーや、フェリー、レジャーボートのような民間船舶の観測ネットワークへの参加です。

ヨットを通して海を越えた絆。「2019

ヨット レース パラオ

日本-パラオ親善ヨットレースに参加する競技艇および伴走船(帆船「みらいへ」)に、マイクロプラスチック採取装置を設置し、レース中に海水からマイクロプラスチックを採取します。 それがどこに行っているのか?可能性としては、まず海面から海中や海底に沈んでいて見つかっていないプラスチックが沢山あるのではないか。 そしてもう一つ、海面に浮かんでいるものの波や紫外線で小さく砕かれたものが大量にあり、調査から漏れているのではないか、というものです。

13

Daily Report 10 2020/1/8

ヨット レース パラオ

転売・譲渡目的での応募は固くお断りします。

「ヨットレースで海洋プラスチック調査」(くらし☆解説)

ヨット レース パラオ

今後詳細が決まり次第、ウェブサイト等において適宜情報を公開いたします。

9

日本

ヨット レース パラオ

今回のイベントには3つの大きな柱がありました。 「みらいへ」と競技艇「トレッキー号」にマイクロプラスチック採取装置が設置され、レース中に海水からマイクロプラスチックの採取を行いました。 ところで、パラオってどこ? どんな国だろう? と思った皆さん。

16