「チームとしての学校」と「つかさどる」事務職員(NITSニュース第64号)|NITS 独立行政法人教職員支援機構

の 在り方 今後 改善 学校 チーム の と 方策 について として の

(1)「チームとしての学校」を実現するための3つの視点 「チームとしての学校」を実現するためには、次の3つの視点に沿って施策を講じていくことが重要である。 2 教員以外の専門スタッフの参画 1)心理やに関する専門スタッフ ・ 国は,やスクールを学校等において必要とされる標準的な職として,職務内容等を法令上,明確化することを検討する。

10

「チームとしての学校」と「つかさどる」事務職員(NITSニュース第64号)|NITS 独立行政法人教職員支援機構

の 在り方 今後 改善 学校 チーム の と 方策 について として の

・ 国は,が実施する管理職研修の充実のため,プログラムの開発など必要な支援を行う。 多様な経験や専門性を持った人材を学校教育で生かしていくためには、教員が、子供たちの状況を総合的に把握して指導を行い、成果をあげている面にも配慮しながら、教員が担うべき業務や役割を見直し、多職種による協働の文化を学校に取り入れていくことが大切である。

8

チームとしての学校の在り方と今後の改善方策について(答申)【骨子】:文部科学省

の 在り方 今後 改善 学校 チーム の と 方策 について として の

最後に、実現のための具体的な改善方策について、基本的には等が実施すべきこととして以下のような事項が指摘されています。 3 事務体制の強化 ・ 国は,事務職員の職務規定等を見直し,事務職員が,学校における総務・財務等の専門性等を生かし,学校運営に関わる職員であることについて法令上,明確化することを検討する。 ・ 国は,多彩な人材の積極的参加による地域ぐるみの教育を推進するため,学校や教職員をサポートするスタッフを配置するに対する支援の充実を検討する。

3

チームとしての学校の在り方と今後の改善方策について

の 在り方 今後 改善 学校 チーム の と 方策 について として の

法とは理想の姿(規範)です。 ICT機器等も活用し、共有すればよいもの、相談することが必要なものなど、情報の重要性等を勘案して、コミュニケーションの充実に取り組んでいくべきである。

チームとしての学校の在り方と今後の改善方策について(答申)【骨子】:文部科学省

の 在り方 今後 改善 学校 チーム の と 方策 について として の

同答申は、 1 スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカーなど教員以外のスタッフの配置を促進する教職員分業体制の推進、 2 多様な資源を活用し、「学校組織全体の総合力の向上」を図るマネジメント機能強化、 3 教育委員会の支援体制の強化やタイムマネジメントの推進など業務改善の推進といった処方箋を提案しました。

7

チームとしての学校の在り方と今後の改善方策について(答申)【骨子】:文部科学省

の 在り方 今後 改善 学校 チーム の と 方策 について として の

やっぱり長かったですね… というわけで、私なりのまとめです。 お問合せ先. ・ 国,は,効果的なが可能となるよう外国語指導助手の指導力向上のために必要な研修を実施する。 学校と教員の役割は,子供に必要な資質・能力を育むことであることから,学校と家庭や地域との連携・協働により,共に子供の成長を支えていく体制を作り,学校や教員が,必要な資質・能力を子供に育むための教育活動に重点を置いて,取り組むことが できるようにしていくことが重要である。

5

「チームとしての学校」と「つかさどる」事務職員(NITSニュース第64号)|NITS 独立行政法人教職員支援機構

の 在り方 今後 改善 学校 チーム の と 方策 について として の

・ 国は,多彩な人材の積極的参加による地域ぐるみの教育を推進するため,学校や教職員をサポートするスタッフを配置する地方公共団体に対する支援の充実を検討する。 また,我が国の子供の貧困の状況が先進国の中でも厳しいということも明らかとなっており,学校における対応が求められている。 なお,本答申は,幼稚園から高等学校 等の学校を対象としているが,具体の在り方については,学校種や学校の実態等を踏まえ検討する必要がある。

6

チームとしての学校の在り方と今後の改善方策について(答申)【骨子】:文部科学省

の 在り方 今後 改善 学校 チーム の と 方策 について として の

・ 国は,学校の教職員が,保護者や地域からの要望等に対応するため,弁護士等の専門家から支援を受けたり,専門的な知見を直接聞いたりすることができるような仕組みをが構築することを支援する。

12

中央教育審議会「チームとしての学校の在り方と今後の改善方策について(答申)」

の 在り方 今後 改善 学校 チーム の と 方策 について として の

本日は中教審の答申をご紹介します。 ・教員の業務見直し ・事務職員や専門スタッフ(心理・、授業支援、部活動)の活用推進 ・地域との連携体制の整備 ・副校長の配置、教頭の配置、主幹教諭の配置等 ・教頭と事務職員の分担の見直し ・管理職研修の充実 以上、いかがでしたでしょうか。 いくつかの理由が挙がっていますが、教育内容あるいは技術の側面からは「アクティブ・ラーニング」が主因となっています。

4