「怪訝」の意味・類語・対義語【使い方や例文】

な 意味 怪訝 顔

美里は 怪訝 けげんそうな顔をしながらも、守袋の口を開いて中を改めてみた。 しかし、それに答えるヴィクトリカの声に、今度は 怪訝 けげんそうな顔になる。 「怪訝」は、「怪訝そうにする」「怪訝な顔」「怪訝に思う」などと使います。

「怪訝」のニュアンス

な 意味 怪訝 顔

夜中に高校生が向かう場所ではなかったからだろう。 「かいが」と読む場合も、不思議に思ったり納得がいかないことを表します。

18

「訝」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ

な 意味 怪訝 顔

行き先をいうとタクシーの運転手は 怪訝 けげんそうな表情を見せた。 また、そのように思わずしかめた顔こそが「怪訝な顔」です。

12

「訝」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ

な 意味 怪訝 顔

」は「何があったのかと彼女は怪訝そうに尋ねた」という意味です。

1

『怪訝』の意味や使い方を徹底解説!怪訝な顔をする人の心理3選も!

な 意味 怪訝 顔

難関大学の試験問題を解く兄は、 怪訝そうな表情であった。 いきなり弱気になった恭介を見て、香澄が 怪訝 けげんそうな表情を浮かべた。 実は日本人でもこの「怪訝」を漢字で書ける人は、少なくなっていますし、用法も変化してきています(怪訝な が正しいですが、怪訝そうなという人は多い)。

間違えてたら恥ずかしい!「怪訝」って、正しく読めますよね?

な 意味 怪訝 顔

森村誠一『精神分析殺人事件』 より引用• 不思議に思うこと。 ずっと気になっていたことを尋ねると、井上は怪訝そうな顔をした。

9

間違えてたら恥ずかしい!「怪訝」って、正しく読めますよね?

な 意味 怪訝 顔

ただし、聞き手は、あくまでも裏を感じているのであって、判っているのではありませんね。 … 小野不由美『屍鬼(上)』 より引用• 意味は、 「その場の状況などが分からず、納得がいかない様子。

17