天下大変-飢饉-流行病:国立公文書館

コロリ 江戸

7世紀後半に成立した中央集権型の律令国家によって、全国的な交通網がいちだんと整備される。 『飢餓と戦争の戦国を行く』(吉川弘文館)は、中世の古文書をもとに、飢餓や疫病の記録を洗い出し、8年がかりでデータベース化。

20

江戸時代に大流行した感染症に人々はどう立ち向かったのか?

コロリ 江戸

けっきょく、治療法は抗生物質の発見を待たねばなりませんでした。 江戸時代にはまた 痘瘡 ( とうそう )( 疱瘡 ( ほうそう )とも。 第18回のテーマは 「幕末に流行した新型伝染病コレラの脅威」です。

3

江戸時代の生き方からコロナ禍を乗り越えるヒントを学ぶ『江戸っ子流コロナ撃退法』

コロリ 江戸

ペニシリンをはじめとした治療薬が次々と発見され、原因や対処法が判明してきた現在でも、コレラは全滅したわけではありません。

天下大変-飢饉-流行病:国立公文書館

コロリ 江戸

その名の通り、、、が合体したような姿をしている。

18

「JIN

コロリ 江戸

それにしても、一番の 被害者は、単なる とばっちりで になって、 命まで落としてしまった さん。 その上 「病気の防ぎ方」という 小冊子を発行する者まで現れる始末。 第4回 からにかけて発生。

5

コレラ

コロリ 江戸

症状が非常に軽く、1日数回の下痢で数日で回復する場合もあるが、通常、突然腹がごろごろ鳴り、水のような下痢が1日20~30回も起こる。

7