大阪モデル、7日基準を達成 休業要請解除、府が決定へ [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

モデル 基準 大阪

寒い環境においても、適度な保湿、適切な換気CO2センサーの活用による確認等)を実施すること 7. 従業員等に「5人以上」「2 時間以上」の宴会・飲み会を控えるよう求めること 3. 高齢者と日常的に接する学生は、感染リスクの高い環境を避けること 7. 飲食店においては以下に留意すること ・パーテーションの活用 ・会話の際は、マスク・フェイスシールドを着用(食事中のマスクの活用を含む) ・斜め向かいに座る ・CO2センサー等を活用し、換気状況が適切か確認 7. 大阪モデルは府が5月に始めたもので、警戒状況を青、黄、赤で表示。 人口10万人あたりの新規感染者は29・01人(2日までの1週間の合計)で全国で最多。 この状況を大阪に当てはめたところ、元の修正案では6月16日にも「黄信号」を点灯することになると判明し、「この状況で注意喚起すれば、経済が一層ダメージを受ける」(府幹部)との認識が高まったという。

19

大阪モデル「赤信号」検討 重症者の病床逼迫―吉村知事:時事ドットコム

モデル 基準 大阪

当初は11日までの予定だったが、政府の観光支援策「Go To トラベル」の自粛要請期間と合わせて、15日まで延ばす。 大阪モデル モニタリング指標の状況について 分析事項 モニタリング 指標 12月3日 現在 府民に対する 警戒の基準 府民に対する 非常事態の基準 府民に対する 警戒・非常事態解除の基準 1.市中での感染拡大状況 1 新規陽性者における感染経路不明者7日間移動平均前週増加比 1. 吉村洋文知事は会議で、「医療体制の逼迫(ひっぱく)は厳しい。

13

大阪モデル、7日基準を達成 休業要請解除、府が決定へ [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

モデル 基準 大阪

86 【参考 1 】新規陽性者における感染経路不明者の割合 61. (赤信号の基準も)現場の実態と 乖離 ( かいり )している」と批判した。

11

大阪モデル、7日基準を達成 休業要請解除、府が決定へ [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

モデル 基準 大阪

府は専門家の意見を聞いた上で7月中に新モデルを確定させたい考えだ。

15

「大阪モデル」モニタリング指標と信号の点灯・消灯基準

モデル 基準 大阪

府は22日の専門家会議で示した修正案で、〈3〉に代わり、感染の急拡大を探知しやすいとして、新規の陽性者数が「直近7日間で120人以上」かつ「7日間の累積が4日連続増加」との新指標を設定。 だが、今回の案は感染急拡大の兆候を見逃す危険性もはらむ。

17

大阪モデルとはなにか?─自粛解除基準の数値が持つ意味を考える:日経メディカル

モデル 基準 大阪

午後9時までの時短営業要請は、市内の北区と中央区の酒を提供する飲食店などが対象。 第2波への備えは今までの方法で首尾よく行くとは限らない。

12