御由緒

八幡宮 草津

なお、古くは社殿は海浜にあったと伝えられるが再建の度に高所へ遷され、現在では力箭山の中腹に鎮座している。

7

散歩道: 草津八幡宮 (広島県広島市西区田方)

八幡宮 草津

このため各町の氏神社や地域内の神社の『ご本社』とも、又、歴史も最も古いので『元社』(もとしゃ)とも呼ばれて来ました。

広島市西区 神社 草津駅 草津八幡宮

八幡宮 草津

駐車場あります。

19

鞭崎神社(草津市)

八幡宮 草津

鞭崎神社表門は慶長年間(1596~1615年)にの南大手門として建てられたもので、明治4年(1871)に膳所城が廃城になった際、14代藩主本多康穣の寄贈を受け当社に移されました。 由緒 説明• 時折、二基の神輿がぶつかり合う「けんか神輿」が華々しく繰りひろげられる。

3

5ak05 草津八幡宮

八幡宮 草津

より 参道入り口 一の鳥居と狛犬 参道入り口、豚鼻の構え狛犬。 昭和6(1931)年近郷六箇村の氏子により境内地の造成と共に総ての社殿が再建造営された。

20

鞭崎神社(草津市)

八幡宮 草津

現在の鞭崎神社本殿は天保8年(1837)、上加茂神社(京都府京都市)の式年造替で、社殿を解体した際の用材を譲り受け仙洞御所(退位した天皇(上皇・法皇)の御所、上皇・法皇の異称)の寄付などもあり造営したもので、一間社流造、檜皮葺、江戸時代後期の神社本殿建築の遺構として貴重な存在です。 なお、往古は当社の崇敬範囲は己斐より廿日市に至る沿岸部一帯に及んでいたという。

18

鞭崎神社(草津市)

八幡宮 草津

草津八幡宮 TEL 082-271-0441 広島県広島市西区田方1丁目11-27. 鞭崎神社の創建は白鳳4年(676)、大中臣清麿が天武天皇の勅命により勧請したのが始まりと伝えられています。 往古、当社の崇敬範囲は己斐より廿日市に至る沿岸部一帯に及んでいたという。 なお、古くは社殿は海浜の近くにあったと伝えられるが、再建の度に高所へ遷され、現在では力箭山の中腹に鎮座している。

18