フランカルボン酸モメタゾン:フルメタ

エステル カルボン 酸 モメタ ゾン フラン

副作用 頻度不明 過敏症 注1) 皮膚の刺激感、紅斑 皮膚 接触皮膚炎、皮膚乾燥、そう痒 皮膚の感染症 注2) 細菌感染症(伝染性膿痂疹、毛嚢炎・せつ等)、真菌症(カンジダ症、白癬等)、ウイルス感染症 その他の皮膚症状 注3) ざ瘡様発疹、酒さ様皮膚炎・口囲皮膚炎(ほほ、口囲等に潮紅、丘疹、膿疱、毛細血管拡張)、ステロイド皮膚(皮膚萎縮、ステロイド潮紅・毛細血管拡張、紫斑)、多毛、色素脱失 下垂体・副腎皮質系 下垂体・副腎皮質系機能の抑制 注4) 注1)このような症状があらわれた場合には、使用を中止すること。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 第2度深在性以上の凍傷• ハロゲン系ステロイド• 大量又は長期にわたる広範囲の使用、密封法(ODT)により、緑内障、後嚢白内障等が現れることがある。

16

フランカルボン酸モメタゾン:フルメタ

エステル カルボン 酸 モメタ ゾン フラン

そして、皮膚が強くステロイド依存しているそのようなときに急に中止すると、免疫の急回復(再構築)にともなう激しい症状(再燃・悪化あるいはカポジ水痘様発疹症の発現)に襲われるおそれがあります。 フランカルボン酸モメタゾンの副作用発生率もこれと同程度だと考えてよいでしょう。 必要な期間のみ使用し、漫然と塗り続けないことが大切です。

モメタゾン

エステル カルボン 酸 モメタ ゾン フラン

全てのステロイドに言えることですが、ステロイドは漫然と長期に分かって使用していると皮膚の細胞増殖を抑制したり、免疫力を低下させたりしてしまいます。 すばやく炎症をしずめることが治療の第一歩なのです。

10

フランカルボン酸モメタゾン:フルメタ

エステル カルボン 酸 モメタ ゾン フラン

皮膚が白く薄くなり静脈が透けて見える、てかてか光る、へこんだ感じ、しわができるといった症状です。

1

エステル

エステル カルボン 酸 モメタ ゾン フラン

スポンサーリンク 4.フランカルボン酸モメタゾンの副作用 フランカルボン酸モメタゾンにはどのような副作用があるのでしょうか。

4

フランカルボン酸モメタゾン軟膏0.1%「イワキ」

エステル カルボン 酸 モメタ ゾン フラン

合成法 [ ] とが存在すれば自発的にしてエステルとなるが、同時にエステルは脱水で生成した水によってを受けて元のオキソ酸とアルコールとなる。

6