障害者基本計画

基本 消費 計画 者

施設サービスの再構築 ア 施設等から地域生活への移行の推進 障害者本人の意向を尊重し、入所(院)者の地域生活への移行を促進するため、地域での生活を念頭に置いた社会生活技能を高めるための援助技術の確立などを検討する。

消費者基本計画等

基本 消費 計画 者

国立身体障害者リハビリテーションセンター、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)における福祉用具開発のための先進的研究を推進するとともに、研究機関、大学、企業等の連携により、福祉用具の開発等を進める。

18

企業と消費者、協働促すハブに―消費者庁 伊藤長官(オルタナ)

基本 消費 計画 者

認証制度などを通して、風通しの良い信頼できる企業を支援していく。 地域における住民と警察署による防犯・防災ネットワークの確立に努め、障害者に対する防犯知識の普及及び事故時における障害者への援助に関する知識の普及に努める。

譁ー縲梧カ郁イサ閠�渕譛ャ險育判縲咲ュ門ョ壽、懆ィ弱∈縲豸郁イサ閠�コ√→豸郁イサ閠�ァ泌藤莨

基本 消費 計画 者

2 高齢者等の自立した消費生活への支援• これは、国が4月に刷新した「消費者基本計画」に基づくものだ。 家族と暮らす障害者について、その家庭や家族を支援することとし、特に、障害児の健全な発達を支援する観点から、家族に対し、療育方法などの情報提供やカウンセリング等の支援を行う。

16

大阪府/大阪府消費者基本計画(平成27年3月)

基本 消費 計画 者

企業は、消費者に寄り添い、声を経営に生かす取り組みが求められる。 そのため、「消費者対企業」という形で捉えられがちだった。 このため、IT等の活用や企業との連携による職業能力開発を強化するとともに、福祉、医療、教育など関係分野の連携による支援体制を構築することにより、障害者の働く力の向上を図る。

16

消費者基本法|条文|法令リード

基本 消費 計画 者

「障害者は施設」という認識を改めるため、保護者、関係者及び市民の地域福祉への理解を促進する。 今後は地域全体を対象に、定期的に小学生から高齢者に至るまで、効果的な法律・経済教育を計画・実行してください。

19

企業のSDGs推進、消費者巻き込め

基本 消費 計画 者

障害者の社会参加を一層推進するため、身体障害者補助犬の利用を促進する。 精神障害者施策の総合的な取組 精神障害者に係る保健・医療、福祉など関連施策の総合的かつ計画的な取組を促進する。 盲・聾・養護学校については、その在籍する児童生徒等への教育や指導に加えて、地域の保護者等への相談支援や小・中学校等における障害のある児童生徒等への計画的な教育的支援等を行う地域の障害のある子どもの教育のセンター的な役割も果たす学校へ転換を図る。

11

企業と消費者、協働促すハブに―消費者庁 伊藤長官(オルタナ)

基本 消費 計画 者

次々と制度が変わり、消費者にとって理解しづらい表示制度となっています。

12