【感想】全ての教育者に読んで欲しい、森信三先生の『修身教授録』

録 修身 教授

教育とは何か 教育は国家的な大業であり、次の時代の国家の運命を支配する努力だ(P30) 漠然と捉えていたことですが、言葉にするとなかなか迫力があります。 本書刊行に至るまでには、幾多の困難があった。

4

修身教授録

録 修身 教授

もし文章が役に立ったら、「いいね」をぜひ押してください。

修身教授録

録 修身 教授

修身とは• 古来、真の学問は、立志をもってその根本とすと言われているのも、まったくこの故でしょう。

12

修身教授録

録 修身 教授

リーダーシップも重要だが、フォロワーシップがより重要• 人生の根本は、何よりもまず真の志を打ち立てるところに始まるわけです。 ですが、「その人格を導く」(やりたいことを見つけてあげる)ためには、ざっくりと最新の社会のことについても知っている必要があると思います。 特に組織のなかに埋没しがちなサラリーマンにすすめたい。

17

修身教授録 一日一語の要約とご紹介です。自己啓発を勉強するならこの本【読書のすすめサークル】

録 修身 教授

(P281) 「結果」を見るというのは、人としてどうしても求めがちになるところだと思うのですが(例えば、高校なら大学の合格率とかですかね)、そこを見ることではなく、しっかり種を植えて、育てること、そこに注力する、というのは非常に真摯な態度だと感じました。

16

【 森信三の世界 】 読書会活動 一般社団法人「実践人の家」

録 修身 教授

317• 再考すべき点もある 一方、やはり約80年前の講義録ですので、そのまま受け取ることができない部分もあるように感じました。 致知出版社から平成元年に刊行されて以来、実に約50回にも及ぶ版を重ね、15万部を超えるロングセラーとなっています。 長所と短所 知識とか技能というような、いわば外面的な事柄については、(中略)長所を伸ばす方がよくはないかと考えるのです 自分の性格というような、内面的な問題になりますと、(中略)まず欠点を矯正することから始めるのが、よくはないかと考えるものです(P348) 長所と短所への対処の仕方について、スキルと性格で分けた方がよいのではないか、という考え方です。

16

森信三先生の名言15

録 修身 教授

97歳、平成4年11月21日にこの世を去る。

19

『修身教授録』森信三(致知出版社)

録 修身 教授

奥深い真理が、実に平明に、ていねいに語られていて、おのずと心に、しみてくる。 人間だけが自分の生き方を考え、努力することで変えることができるのです。 経営を通じて人生とはを考え抜いた稲盛さんの教えが詰まった最高の本です。

2