SAP ERPによる「2025年の崖」の克服をガートナーが指南

2025 問題 sap 年

なぜなら、ERP製品は、企業の基幹システムという業務の中核を担っており、人間でいえば心臓に相当するからだ。 もともとの期限は2020年だったが、その導入件数の多さから延長された経緯がある。

11

【SAP】2025年問題と延長

2025 問題 sap 年

また SAPの強みのひとつが、 グローバル対応な点です。 また、 他社ERPへの乗り換えが進み、SAPの国内シェアが下がるかもしれないという懸念もあります。 この選択肢を選びたい情報システム部門の責任者は、(前任者が残した)負の遺産の一掃を図る機会と思うかもしれませんが、現実には、経営者への高額な投資対効果の説明は、相当難しいはずです。

9

SAP「2027年問題」をどのように乗り越えるか ガートナー アナリストが移行のポイントを提言 (1/3):EnterpriseZine(エンタープライズジン)

2025 問題 sap 年

ERPに精通している人材であれば、 の肝を、30秒で説明できるはずです。 0は世に出て14年が経ち、もはやレガシーERPと化しつつある。

IT分野での2025年問題の本質 ~ 基幹システムの再構築検討の前に ~

2025 問題 sap 年

SAPジャパンは国内の中堅・中小企業を、年商規模で「250億円以下」と「250億~1000億円以下」の2つのレイヤーで定義して、それぞれに特化した組織を新設した。

SAP「2025年問題」が1000社超を直撃か、基幹系が法改正に対応できなくなる恐れ

2025 問題 sap 年

主流のERP製品が肥大化し過ぎてリアルタイム性を担保できなくなってしまったからだ。

SAP ERPの「2025年問題」とは? 概要と対策

2025 問題 sap 年

この問題については、下記の記事をご一読ください。 最近では エンジニアやコンサルタントという立場ではなく、導入企業のメンバーとしてSAPなどのERPシステムを導入・運用した経験がある人がコンサルタントに転身するというキャリアパスも出てきています。 この状況下が長年続いたことによってERPシステムは肥大化しております。

16