皆川博子 新刊情報 (375作品)

博子 皆川

双頭の去勢歌手、古城に眠る名画、人体実験など、さまざまな題材が織りなす美と悪と愛の黙示録。 あとがきは、作者であるギュンターに、 日本の訳者が会いに行く、という設定。

19

皆川博子おすすめ作品5選!ミステリーと幻想小説好き、集まれ!

博子 皆川

『近藤史恵リクエスト! 当初は男女の奇縁を現代的な道具立てを用いてサスペンスフルに描く作風だったが、『光の廃墟』で浪漫的な異国譚、『花の旅 夜の旅』でトリッキーな本格ミステリに挑むなど、後年の作品に続く志向もみせている。 道摩に骨抜きにされる賀茂保憲が滑稽。 胸にどすんと響くこの質量感は高級品の証。

11

皆川博子 おすすめランキング (375作品)

博子 皆川

『絵小説』(2006、集英社)• 『アルモニカ・ディアボリカ』(2013、)のち• 誰からも慕われます。 『海と十字架』で児童文学作家としてデビューした後、推理小説・サスペンスに転向。

18

『死の泉』皆川博子が描く狂気と幻想の世界

博子 皆川

『倒立する塔の殺人』(2007、)のち 2010年代• 頭では理解できるのだけれど、気持ちの上で全面的に味方してあげられない感じというか。 喜ぶ保憲、さっきまで道摩を踏んで犬だと蔑みたいと思ってたのにね(笑) 相変わらず妖しい世界に引き込まれましたが、「滝夜叉」はどっぷりとは浸からなかったなぁ。

9

『死の泉 (ハヤカワ文庫JA)』(皆川博子)の感想(125レビュー)

博子 皆川

雁字搦めの鎖の具体的なエピソードですが、書くのをちょっとためらったのです。 物語読み冥利に尽きる至福の時を過ごさせてくれる一冊であることは保証できる。 綾辻さんは、社会派リアリズム全盛の時期に、本格再興の道を切り開いてこられたのですから、周囲の非難をはねかえして書き続けるのに、並ならぬ気力が要ったのではと思います。

20

『ウー』著者、皆川博子さんインタビュー「調べるときはもう、イチから勉強です。」

博子 皆川

皆川博子の天格(祖運)12画• 作品リスト [ ] 著書 [ ] 1970年代• その世界の中に身をおきたくなる。 『猫舌男爵』(2004、講談社)のちハヤカワ文庫• 『短篇ベストコレクション 現代の小説2011』(2011年6月 徳間文庫)「薊と洋燈」• エンジニア• 『ロンドン』(E・ラザファード)という小説がありまして、ロンドンの一地点を舞台に、古代ローマから現代にいたる2000年ほどをいくつかの家族の変遷で描いたものなんですが、それをしてみたくて。 今後のテーマとしても、人間の心の奥底に潜む狂気や恐怖を描いていきたいとのことです。

皆川博子 おすすめランキング (375作品)

博子 皆川

。 北の椿は死を歌う(1989年12月9日、系「」、主演:)• 月に1冊読んでも妖気に当てられるので、数か月に1冊で充分です。