「駅の子」 生きるために闘い続けた戦争孤児

孤児 戦災

祖母は私を抱きしめ、「みんな戦争が悪いんだ。 「みんなね、8月15日に負けて終わりました、気持ちが自由になったっていうけれど、あたしなんかそんなの全然なかった。 「日本中が大変なのだからできることをやりましょう」と言い、当時13歳だった裕さんらを連れて上野駅に通った。

15

うちに来る?「駅の子」育てたママの記録 びっしり245人、よみがえる戦争孤児

孤児 戦災

駅で暮らす方がましだと、子どもたちは、脱走を繰り返すようになった。

5

戦災孤児だったおじいちゃん~わたしの遺伝子が記憶する歴史を辿って~

孤児 戦災

しかし、小倉さんはここでも、職員に反抗的な態度をとり続けていた。 つまり、上野の地下道だけで最大で千人前後の浮浪児が寝起きしていたことになる。

19

WEB特集 戦後75年 母と信じた人は別人だった

孤児 戦災

「なんでお前は生まれてきた、なんでわしらがお前を見なきゃならんのだ、しょっちゅう言われて。 銭湯だ。

WEB特集 戦後75年 母と信じた人は別人だった

孤児 戦災

このうち、引き取り手がおらず、路上で身一つで生きなければならなくなった「浮浪児」と呼ばれた子供たちは3万5千人に上ったと推測されている(「朝日年鑑」1947年)。 12年間過ごす そうした広島にあって育成所は、新聞・雑誌やラジオの報道を通じて全国的に注目されるようになる。

9

戦災孤児

孤児 戦災

谷村左官という小さな会社を起こして高知に戻り、愚直にただひたすら真面目に働いてきた。