ディレクター川島幸恵によるパル新業態「Sheta(シータ)」が初出店

幸恵 川島

「刺繍やハンドメイドのものは、当時どのような思いで作られていたんだろう、とその一点一点の背景を思い浮かべます。

7

データバンク

幸恵 川島

nui-icon--icon-paperviewer-web-main,. エッジが効いていて、大人のシンプルなスタイルにもしっくりと馴染んでいます。

16

【連載】素敵な人に聞いた「おしゃれ」のあれこれvol.2

幸恵 川島

「元々そんなにブランドのバッグや、このブランドだからほしい。

パル、現場社員の声から6つの新業態を立ち上げ

幸恵 川島

流行は変わっていきますし、それに私のテイストが1年で変わったり、気分がまるっと変わったりはもう無いと思っているので。 」 ディレクターを務める『Sheta(シータ)』を始めるにあたって、一番最初にこだわって作られたのは『デニムパンツ』だったそうです。

20

佐野幸恵 助教

幸恵 川島

お話を聞いた帰り道、その足で古着屋を覗きに行きたくなりました。 攻めの姿勢を業界全体に示したい」とコメント。

8

【連載】素敵な人に聞いた「おしゃれ」のあれこれ vol.2

幸恵 川島

多くの人に愛されるCONVERSE。 いつもポニーテールをして、その時代は女の子っぽい物が好きだったんだとか。 nui-icon--icon-paperviewer-zoomin,. 「30代に入ってからは、綺麗にきちんとして見えるということや、女性らしく見えるということを気にして選ぶようになりました。

1

【連載】素敵な人に聞いた「おしゃれ」のあれこれvol.2

幸恵 川島

nui-aspect-container--16-9 img,. いろいろな雑誌を見たり、お姉さんや周りのお洒落さんからたくさん影響を受け、ファッションについて勉強していったそう。