寺島氏(薩摩藩士) - Reichsarchiv ~世界帝王事典~

宗則 寺島

1963—67• 1992—95• 薩摩出身の実業家・五代友厚について紹介します 薩摩藩に生まれ,幕末には薩摩藩の富国強兵に尽力し,明治以降は大阪経済の立て直しに奔走した,五代友厚について紹介します。 五代友厚はこの時拿捕されたことで薩摩藩におけるメンツを失います。 蕃書調所で蘭学を教える傍ら、安政4年()から英語を独学しはじめ、安政5年()に横浜で貿易実務に関わったことをきっかけに、翌安政6年()から本格的に英語を学ぶ。

寺島宗則関係資料集 (示人社): 1987|書誌詳細|国立国会図書館サーチ

宗則 寺島

日本は開国すべきである!という主張をするようになります。 これに続いて日米修好通商条約とほぼ同じ内容の条約が、イギリス・フランス・ロシア・オランダとの間にも結ばれることになったんだけど、これらを総称して 安政の五カ国条約って言うんだよ。 他に薩摩藩から参与に任ぜられたのは,西郷隆盛,大久保利通,小松帯刀,岩下方平,寺島宗則,町田久成らで,このそうそうたる面々に,五代友厚が並んでいたことは注目すべきことです。

10

寺島宗則

宗則 寺島

養子の安道も早逝しているのでさらにその後裔の家だったのだろうか。 五代の事業に対する熱意と誠意と,経営哲学,理念を明確に表した発言と言えます。 1886年、井上批判に追い討ちをかけた ノルマントン号事件が起こった。

5

寺島宗則の写真、名言、年表、子孫を徹底紹介

宗則 寺島

この外国事務掛はその直後改組され,外国事務局となり,五代はその判事に任命されました。 五代の部下たちの外国事務局員一同が151名も署名した五代の留任嘆願書で「五代殿に転勤されては,船の舵を折られ,車の軸を失ったようなもので,大衆は愕然とするほかありません。 〔二一六〕 条約案並議定書編成ノ所由(草案)(明治二十五年四月) 二二一• 2020年5月24日閲覧。

13

寺島家(外務卿・寺島宗則・寺島誠一郎の子孫・家系図)

宗則 寺島

〔二一五〕 条約改正案編成理由ノ説明(明治二十五年四月) 二一七• また、五代友厚はこの頃、大阪に造幣局を誘致したりしています。 〔三〇五〕 北海道開拓使官有物払下価格明細書(明治十四年) 三三五• 1865年5月5日、午前中にシンガポールに到着。 イギリス留学が金銭的に行き詰ってきた1867年夏、留学を続けるため、森有礼、吉田清成、畠山義成、松村淳蔵、長沢鼎とともに、アメリカのハリスのもとへ向かいました。

2

五代友厚と寺島宗則の亡命先

宗則 寺島

「寺島宗則自叙伝」(『伝記』第3巻第4号-第6号、伝記学会、1936年4月-6月 / 伝記学会編『復刻 伝記』第5巻-第6巻、広文庫、1975年)• この時拿捕された船の中に、「五代友厚」と、後の外務卿「寺島宗則」がいました。

7

寺島宗則関係文書

宗則 寺島

〔二〇一〕 伊達宗城在京日記(抄)(慶応四年一ー二月) 六七• 明治になって自ら「友厚」と名乗るまで、五代は「才助」という名前を名乗り続けるのです。 1861年(29歳) 福沢諭吉らと幕府第一回遣欧使節団に翻訳方兼医師として参加し、病院、学校、電信局を見学。

8

寺島宗則の条約改正。

宗則 寺島

寺島は、このとき 五代友厚とともに交渉役としてイギリス艦船に乗り込み、戦争交渉を担当します。 美術館の建物は、畠山即翁自身の発案により、鉄筋コンクリート造りの近代建築のうちに、日本建築を巧みに取入れた造りになっています。 畠山即翁は主として茶事の場において所蔵の美術品を披露してきましたが、その文化的価値に鑑み、恒久的な保存を図るとともに、広く一般の研究鑑賞に資するため、苑内の一角に美術館を建設、昭和39年10月に財団法人畠山記念館が開館しました。