脱線トリオ

トリオ 脱線

>由利徹(ゆり とおる、1921年5月13日 — 1999年5月20日) 宮城県石巻市出身。

6

脱線トリオ

トリオ 脱線

落語 、、、• 所属事務所は全員異なっていた。 4月 が主催する、第1回開催。 スカウト後石井は、石井・戸塚コンビに落ち着く迄にフランス座々員から試用起用している。

「脱線トリオ」八波むと志 南利明 由利徹 『お昼の演芸』

トリオ 脱線

が受章。 著『』が、に連載開始。 78歳没。

てんぷくトリオとは

トリオ 脱線

その後、三波が急遽戸塚の前から姿を消してしまったために、戸塚はその代役として伊東を「 ニセ 三波 」に仕立て続け以降もこの二人で余興に出ていた(余興をする営業先キャバレーとの間に芸能事務所が仲介し三波失踪をごまかす意図もあった )。

19

八波 むと志とは

トリオ 脱線

のため、テレビが休止される。 リーダー格は南利明であるが、厳密なリーダーではない。 、らが「松竹家庭劇」を結成。

20

てんぷくトリオ

トリオ 脱線

タレントのは長男。 ある日、空襲警報が解除されたことから、近所の人たちが家から出てきて、 ああ、みんな助かったな と、安心していると、その瞬間、電線に引っかかっていた焼夷弾が突然落ちてきて、タテノさんという近所の人の顔に直撃。

14

八波 むと志とは

トリオ 脱線

テレビ創成期 [ ] 軽演劇からの転身 [ ] 、・が相次いで開局したが、当初一流俳優などはテレビを「電氣紙芝居」として敬遠し、その結果それまでや新宿などで活躍していた軽演劇の役者など、実力はあるが陽の目を見ず燻っていた者達がテレビの世界に飛び込んだ。 上方漫才のブームを引き起こす。 。