『日本人とユダヤ人 (角川文庫ソフィア)』(イザヤ・ベンダサン)の感想(66レビュー)

ベンダサン イザヤ

中国は古来より「文化的支配」と「政治的支配」という二重の支配力を持っていた。

18

イザヤ・ベンダサン(山本七平)『日本人とユダヤ人』研究ノート

ベンダサン イザヤ

自分も学生だった頃(20年以上前)に本書を手にしているが、絶対にユダヤ人であれば書かないだろうという記述を読んで、正直、胡散臭い本という印象だけが残った。 北森先生は、ある意味で日本を代表する神学者。

1

文庫「日本人とユダヤ人」イザヤ・ベンダサン著を読了: JET-LOG

ベンダサン イザヤ

そして家畜だから、当然なことに、そ の骨は肥料にされ、その髪は何かの原料にされ、その他、利用しうるものはすべて利用され、 その上、遺族には屠殺料が請求された。 山本氏もそれこそ典型的な浅学非才の人。

文庫「日本人とユダヤ人」イザヤ・ベンダサン著を読了: JET-LOG

ベンダサン イザヤ

ホーレンスキーは特許関係の仕事をしているウィーン生まれのユダヤ人、妻は日本人。

山本七平

ベンダサン イザヤ

本書では、ニューヨークの一流ホテルを住まいにしているユダヤ人一家の話からはじまります。 あたかも中国皇帝が絶対的な権力を持っているかのように考え(前述の通り、実態は異なるのだが)、同じ構造を天皇にもあてはめるのである。 山本書店、1970年• もちろん一時的混乱はあります。

13

イザヤ・ベンダサン氏「日本人は水と安全はタダと思っている」人間が一番大切にしていかなければならないのは水

ベンダサン イザヤ

ジャンルでさがす• 非常にドライなのだ。

3

山本七平

ベンダサン イザヤ

浅見は、「ニューヨークの老ユダヤ人夫婦の高級ホテル暮らし」というエピソードは実際にはあり得ない話であり、実際、英語版 の『日本人とユダヤ人』では完全にこのエピソードがカットされていると指摘した。

イザヤ・ベンダサンとは

ベンダサン イザヤ

著書 [ ] 日本論 [ ]• 『「常識」の非常識』日本経済新聞社、1986年 のち文春文庫• 実質的に奴隷がいなかったのはイスラエルだけだといえる。 『ある異常体験者の偏見』、1974年 のち文庫• 『陸軍戸山流で検証する日本刀真剣斬り』(並木書房、2006年)参照• 政経分離は本来の姿ではない。 」「もっと微妙なことを言っているが、まあ読んでみたまえ。

10